水処理システム「バイタルアトム」

人は常に「健康」であり続けたいと願っています。健康の源は「食」にあり、その食に今さまざまな問題が起きてきています。安全だと思われていた食(農産物)に農薬が残留していたり、加工食品に使われる食品添加物が巻き起こすといわれている健康被害の問題、食を提供する飲食店やレストランなどの産地偽装表示などの事件、信じていた「安全」が疑問視されています。

一方で、HASSAPやグローバルGAPなどの国際標準の認証を受けていない日本の農業や食品産業は、欧米や中国などに一歩出遅れていて、ようやく国際標準をにらんだ取り組みがスタートしようとしています。環境に配慮した農産物作り、高い安全性、管理体制の強化など、事業を継続していく以上、今までの考え方を変えていく必要にも迫られています。

水処理設備バイタルアトムをはじめとするバイタルアトムシリーズは、水を活性化させ農業分野や食品の製造施設、食を提供する飲食店やレストランに地球環境に優しく安全で安心して使える食材(農産物)の提供を実現していきます。また、その他水を使う清掃業やクリーニング業においても、環境汚染に配慮した地球にやさしい事業推進ができる設備です。

媒体掲載

日本農業新聞

日本農業新聞 バイタルアトムシリーズは農業生産者支援の取り組みが多いこともあり、日本農業新聞には何度か取り上げられています。
右の記事はバイタルアトムシリーズの発売直後に新潟県の切花栽培農家での導入効果をもとに掲載されたものです。

食品工業

食品工業 バイタルアトムシリーズユーザーの食品工場が薬剤や添加物を多用せずに食品の日持ちを向上させていることでの、食品製造専門誌 食品工業誌から記事の執筆依頼を受けての掲載です。
ユーザーから提供された様々なデータを取り入れた内容になっています。

特産情報

特産情報 林産物・きのこ専門誌の特産情報にもバイタルアトムシリーズは紹介されました。
新潟県内のきのこ産地がバイタルアトムシリーズを導入したことで収量の向上に成功し、品質でも他の産地に大きな差をつけたことで掲載されました。

医食農同源

医食農同源 弊社と生産者とで「粋男会」を構成し、食の安全とおいしさを追求する「イケメン米」の取り組みが紹介されました。
イケメン米とは、生産者ひとりひとりの米を穀物検査際に出る挿し米で検査し、残留農薬260項目測定、カドミウム検査、放射能検査、食味検査で合格した米にのみ与えられる”称号”です。
(一部は硝酸態窒素検査も実施)