土中の酸素欠乏の回避

バイタル処理水による土づくりのしくみ

バイタル特許農法の大きなポイントは、遠赤外線を水に照射し、触媒作用で水が活性化されると、物理的に水分子が水素イオンH⁺と水酸イオンOH⁻に解離したり、外部から酸素や窒素等の気体分子を取り込む力が増加するため(例えば溶存酸素、溶存窒素の増加)土の中へ酸素を供給し酸素欠乏を回避します。土中の微生物は、この酸素を使って有機物を分解することで土壌を改良します。

良好な土づくりができれば

良好な土づくりで根ざした植物は、土中の養分をしっかり吸い上げ、栄養価が高く、おいしい農産物をたくさんつくりだします。

スーパーでのグラム売り(200g) 左は22本、右は16本(バイタル使用)。栄養分をたっぷり吸った高品質なオータムポエムができました。