バイタル特許農法について

バイタル特許農法とは

バイタル特許農法とは、遠赤外線放射作用の電離作用により水分子集合体が小さくなることで、水質及び水の機能性を向上させ吸水や拡散性を改善し、植物への水の浸透性を高めて作物の健全育成を助長させる農法です。結果、化学肥料・農薬を減らし環境保全に貢献します。耕土内では有効な微生物活動が活発化し溶解性の向上(有機物を分解する能力)につながります。土は団粒化し根への酸素を充分に供給できるため水はけの良い土壌環境となります。ハウス栽培や植物工場では、灌水のほかバイタル処理した水を噴霧することで植物の生育環境を改善させます。植物が健全に生育することで農薬や化学肥料の軽減につながり、環境を次世代の子供たちに残すことができる画期的な方法です。

コスト削減に繋がるバイタル特許農法

植物の育成環境が整えば、農薬などの使用成分や使用量が減り、それはイコール利益です。植物の根や葉が健全に生育されれば、倒伏の低減や病害虫からの被害の軽減に繋がり、労力の軽減にもつながります。

安全で誰にでもできる農法 バイタル特許農法

バイタル特許農法で使用する水処理設備バイタルアトムシリーズは約50種類の天然成分(鉱物・動物・植物系)の素材を特殊処理により安定した粉状にし、その粉体を樹脂や特殊粘土に混ぜて製造しています。有害物室の溶出も心配なく安全に使える資材です。今のやり方を変える必要もなく、誰でも簡単に始めることができます。